5次元のカオス

南の島の学生がつらつらと日々を書き連ねます

Swiftはじめました

Swiftはじめました

先日、内定先の会社で研修会を行った際に、「次回の研修ではSwiftを使った開発を行ってもらうつもりです」

というお話をされたことをきっかけに、Swiftをはじめてみることにしました。

以下、環境構築からSwiftを動かしてみるまで。

Hello, World的なものを動かすまでの手順を自分への健忘録としてメモ。

環境構築

AppleのデベロッパーサイトからiOS 8 beta 2を選択します.

f:id:pxp_ss:20140702154937p:plain

下の方にスクロールしていくと、Download Xcodeという項目があるので、ダウンロードします.

f:id:pxp_ss:20140702154949p:plain

Downloadされたxcode_6_beta.dmgを解凍し、Applicationフォルダへ移動すればインストール完了です。

既存のxcodeとは別にインストールされるため、安心してインストールしても良いと思います。

プロジェクトの作成

Xcode 6 beta を起動します。

とりあえず、触ってみようということでCreate a new Xcode projectを選択

f:id:pxp_ss:20140702154945p:plain

LanguageにSwiftを選択することを忘れないようにしましょう。

f:id:pxp_ss:20140702154941p:plain

xcode全体がフラットな感じのデザインに洗練されたように思います。

objective-cの時と同様に、適当なラベルを設置した後にViewDidLoad内に

ラベルを変更する処理と、デバッグエリア上にHello, Swiftを表示するプログラムを書いてみました。

f:id:pxp_ss:20140702154955p:plain

とりあえず、今回はここまで。

環境が整ったので色々と試して見つつ、なにか作ることができればと思います。

参考